筋トレマシンと脱毛は意外に関係が深い理由

筋トレマシンにとにかく巻き込まれる

とりあえず、下の画像を見てください。このマシンはレッグカールと言います。

青い丸を付けたところが、これでもかと体毛を巻き込むんです。

ウエイトが軽いうちはそれほど気になりません。

しかし、筆者のように50kg超にウエイトを設定していると、足を曲げるたびにギリギリと毛根が悲鳴を上げます。

続きを読む

スポーツドリンク、持ち運びにオススメなボトル

スポーツジムに通うときに水分補給としてマイボトルを用意する人は多いと思います。

ジム内にも自販機があることが多いですが、街中よりも少し割高です。

そこで、今回は趣旨を変えて、筆者がおすすめしたいドリンクボトルを紹介したいと思います。

続きを読む

プライベートジムに行くなら知っておきたい3つのポイント

筋トレ初心者が気にするポイントでよく聞くのが、プライベートジムのほうが筋トレはコスパが良いんですよねという話です。

確かにプライベートジムはフィットネスジムと違い、マンツーマンが基本なので、自分に専属のトレーナーがつきます。

また、フィットネスジムはジムでのトレーニング部分だけアドバイスを受けることが一般的なのに対し、プライベートジムは普段の食事管理まで徹底して指導されます。間食すら逐一報告する必要があります。

続きを読む

ジム初心者が選ぶならどのジムが良い?

ジムに行こう!と思っても、まずどんなジムなのか調べないと…と二の足を踏む方もいると思います。

筆者の経験でしか話せるものがないのですが、参考程度にお話したいと思います。

筆者はこれまで3種類のジムに通いました。現在通っているところも含めて3つですね。

続きを読む

筋トレにプロテインは絶対必要?

筋トレを行っていると(そうじゃない人も)、プロテインって飲んだほうが良いの?って必ず一度は思うはず。

結論から言ってしまうと、どちらでも良いです。そのぐらい重要ではありません。

プロテインを飲むからムキムキになるわけではないですし、ムキムキになるにはプロテインを飲むしかないというわけでもありません。

続きを読む

筋トレは1セット何回がベスト?

筋トレを進めていると、自分が目指す体型が定まってきます。

筋肉を大きくして、ボディビルダーとは言わないまでも、筋骨隆々の体型を目指すのか。

しなやかな引き締まったボディで、スリムな筋肉質の体型を目指すのか。

または、筋肉はそれほどつかなくても、とにかく引き締まったボディを目指すのか。

続きを読む

マシンを使うときに気をつけるポイント(チェストプレス)

トレーニングジムのマシンを使うときは、最初にジムスタッフやトレーナーから使い方をレクチャーしてもらえます。

しかし、始めにチェックしただけで、そのまま使い始める人が多いんですね。

それだと、自分の姿勢とマシンとのフィットラインを考えないまま筋トレを始めてしまい、上手く負荷が身体に伝えられないまま筋トレを進めてしまいがちです。

続きを読む

ジムに行けない・時間がない、そんなときは簡単筋トレマシン

ジムに行く時間も取れそうもないし、そもそも近くにジムなんかないよ!って言う人もいると思います。

交通の便の良い市街地ならまだしも、車だけが交通手段のような郊外や新興住宅地にお住まいの方は、当然このような考えが出ますよね。

ジョギングぐらいならどこでも出来るでしょうが、まずは基礎体力につながる筋トレから始めるなら手っ取り早く低周波筋トレマシン(以下EMSマシンと表現)を導入することをオススメします。

続きを読む

まずは自力で始めたい人に簡単に出来る自重トレーニング

簡単!初心者ドラゴンフラッグ!

普通の腹筋とかじゃなくて、なんかもう少し「やってる」感じの筋トレないですかってよく聞かれます。

そういう人には、筆者は必ず「ドラゴンフラッグが良いですよ」と答えます。

まずはドラゴンフラッグがどういうものか良いYoutubeがあるので、お見せしますね。

続きを読む

筋トレにお金をかけられるなら、まずはジムへ

筋トレを始めたいけど、まずは何から手を付けたら良いのか分からないという方は、とりあえずフィットネスジムに体験入会することをオススメします。

もし、自分の通える範囲に複数ジムがあるなら、少なくとも2つは回ってみるべきです。

 

筆者の住んでいるエリアには、自転車で2km以上離れたところに1件しか通えるところが当時は無かったので、最初はそのジムに通っていました。

だいたいの相場ですが、1ヶ月通い放題だと10,000円前後の月会費がかかります。

続きを読む